Daily Archives 2018.07.01

借地権が不要なケース

2018.07.01
/ / /
Comments Closed

借地権借地権を相続したものの、人によっては不要となるケースも多いです。例えば、相続したのは良いけれど、今後まったく使用するつもりがないということもあるのではないでしょうか。そもそも両親や祖父母から独立して暮らしている人であれば、もう自分で家を借りたり建てたりして、新しいところで生活しているということも多いでしょう。そうなると、やはり借地権を新たに相続したとしても、使い道がない場合が多いです。自分で家を建てるということもないでしょうし、何か立てて運用するということも少ないでしょう

その他、引越しを考えていて、そもそも借地権があってもまったく意味がないという方もいます。相続自体はしたものの、すでにその借地権がある物件から引越しを考えている方もいます。そうなると、やはり借地権は不要となるケースが多いでしょう。さらには金銭的に続かないということで、借地権を手放したいと思っている方も多いです。借地権を持つということは、それだけでもそれに付随する物件なども関連してきます。つまり、金銭的に余裕がない現代人の場合には、なかなか扱いに関しても難しいことが多いです。色々と不要なケースが多いからこそ、よく考えて買取りしてもらうのが良いと言えるでしょう。